家計の足しにお金を借りたい

毎月、家計簿とにらめっこしてなんとかやりくりしてきましたけど、
今月はもうほんと、どうにもならなくて、友達に愚痴をこぼしたら、
カードローンでお金を借りてみたら?って勧められちゃいました。
専業主婦でも借りれるキャッシングなんてあるの?って思ったんですが、
どうも、消費者金融カードローンとかは収入のある人限定でしか
お金を借りれないみたいですけど、銀行系カードローンなら専業主婦向けの
カードローンプランもあるみたいなんですね。
配偶者に定期的な収入があれば借りれるみたいで、家計のピンチを
しのぐ程度の金額なら審査もほぼ問題なく通るんだってさ。
借金なんて、旦那がいい顔しないだろうっていうのも、なんと、
配偶者の許可とか承認とかはいらないらしいから、内緒で借りることができるみたい。
っていっても、ただでさえ、毎月厳しいのに、ここに借金の返済が
入ってくるとますます厳しくなるのでは?って心配。
だって、借りたお金よりも当然、返済しなくちゃいけないお金のほうが
多くなるわけですから…利息とか高いですし。
十数%とかでしたっけ?その借金の返済をするためにまた
借金して、どんどん金額が多くなっていく…って一番、まずいパターンですよね。
借金が返せずに生活が破綻してしまうっていう人っていうのは
最初からものすごく大きな額を借りる人もそりゃいるんでしょうけど、
最初は少し借りてだんだんと借金が増えていくっていうのもかなり多いみたいですから((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
でも、友達は、来年から、子供が幼稚園だから、パートかアルバイトでもして
返済すればいいんじゃないの?って感じで楽観視してるんですよね。
(´ε`;)ウーン…そりゃ、パートなりアルバイトなりできればいいんだけど、
正直、保育園と違って、幼稚園って預かってくれる時間短い上に
土日祝日休み、夏休み・冬休み・春休みなどの長期休暇、その前後の
時短預かりなどなど…まともに働けるの?って感じ。
おまけに幼稚園にあがってすぐはすぐに病気して、酷いと、月の半分は
お休みしてました…とかってあるらしくて戦々恐々。
それをアテにできないってなると、在宅ワークとかで借金返済のお金を
稼ぐとかになるんだろうけど、自分にスキルが特に何もないから
正直、内職みたいなことしかできなさそう…。
まあ、スキルがあって在宅ワークしてる友達は友達でオンとオフの
切り替えができずに常に仕事状態になってそれはそれでつらいみたいだけど。

専業主婦でもキャッシングできるって知ってた?

専業主婦への風当たりが強い昨今。
でも、子供が小さいうちなんかは特に、働きたいと思っても
現実問題として、なかなか働けないっていう人は多いかと思います。
夫だけの収入でやりくりするのも至難の業だし、頭の痛い問題です。
赤字にならないように気をつけているつもりでも、突然の出費に右往左往するのはよくあること。
そんなときにとても頼りになるのがカードローンのキャッシングですよね。
もちろん、借金には抵抗ある人も多くいるでしょうし、できることなら
借金なんてしないほうがいいにこしたことはないんですが、どうしようにもならない
ピンチを切り抜ける最後の一手を覚えておいたほうがいざというときに役立ちますよ。
まず、一番に考えないといけないのは専業主婦でも借りれるキャッシングを選ぶこと。
当たり前のようですが、基本的に消費者金融のカードローンは総量規制という
法的な規制のせいで、定期的な収入のない専業主婦は一切お金を借りれないのです。
じゃあ、どこなら貸してくれるのかというと、銀行のカードローンが一般的ですね。
消費者金融と違って総量規制の対象外なので、むしろ専業主婦をターゲットにしている
カードローンのプランもあるくらいです。
ただし、貸してくれるといっても、やはり、専業主婦は返済能力がとても
低い存在なので、貸してくれる利用限度額はとても少なめです。
とはいっても、30万円程度に設定されていることが多いので、
どうしても生活費が足りない分だけ補填したい…などの1~2万円程度の
利用をしたいというときにはこれで十分かなと思います。
サービスの内容、金利の差などで借りる銀行を選びたいな…と思うところですが
問題は銀行系カードローンは融資の申請をしてから、実際に融資をしてもらうまでの
時間がかなりかかってしまうというのが問題です。
しかし、すでに自分が口座を持っている銀行の場合は即日融資も可能なところも
ありますので、もし、時間的に猶予がないようでしたら、カードローンの
内容よりもすぐに借りられるということに重点をおいたほうがいいと思います。
もし、パートなどでも働いている人ならこういうときにも消費者金融の
カードローンも選択肢にいれることができるんですけどね。
借りる金額は当然ですが必要最低限にとどめることが大事です。
欲張ってたくさん借りてしまうと当然のようにその分だけ、
返済するときの利息で支払う金額が大きくなってしまいますから
欲張った分だけ損をします。
専業主婦がお金を借りたい場合は、専業主婦キャッシング紹介所をくまなく見てキメるべきですね。

キャッシング入門!クレジットカードとの違いは?

キャッシングとクレジットカードとの違いは、前者は現金を借りるもので、後者はショッピングに使うものということです。しかし、両者ともお金を借りているという点では共通しています。
クレジットカードで商品を購入すると、まるでクレジットカードがお金のかわりになっているかのように錯覚しがちですが、これは厳密に言うと間違いなので注意が必要です。このとき商品の購入代金は、信販会社が利用者のかわりに一括で支払っているのです。つまりは、利用者は信販会社に商品の購入代金を立替払いしてもらっているわけですから、信販会社から借金をしているのと同じです。クレジットカードの一括払いでは、ほとんどの場合に手数料が無料なので、金利ゼロで一ヶ月間お金を借りていると思えばよいでしょう。ただし、分割払いやリボ払いでは手数料がかかってくるので注意が必要です。
一般的にはクレジットカードを利用したほうが手数料がお得になるので、キャッシングで現金を借りて商品を購入するよりも、クレジットカードで商品を購入したほうが手間もかからずお得です。商品の購入ならばクレジット、現金が欲しいのならキャッシングと、目的に応じて使い分けましょう。

複数社からのキャッシングとおまとめローン

キャッシングは来店なしで融資を受けられる、融資が迅速などとても便利なサービスですが、その便利さゆえについ使いすぎてしまうこともあります。
最初は一社からのみ借りていたのに、それだけでは足りなくなり借入先を増やしてしまうことは珍しいことではありません。

そしてキャッシングは利息がやや高めということもあり、複数社から借りているとどうしても利息の負担は大きくなってきます。

複数社の借入がある場合はおまとめローンも検討してみましょう。
おまとめローンの場合もやはり審査はありますが、借金をひとつにまとめることができ、利息の負担はより抑えられるようになります。
債務整理のように元金が減っているわけではありませんが、低金利のローンに借り換えることで利息の負担が少なくなるので、より順調に返済していくことができますし、返済日も一日だけになりますので、うっかり返済を忘れてしまったというミスを防ぐこともできます。借金の管理を楽にしたい場合にもおまとめローンは向いています。

キャッシング利用前に必ず行いたい返済シミュレーション

現在では、多くの銀行あるいは消費者金融のインターネットサイトで、キャッシング利用申込み前から無料で使える返済シミュレーションサービスを提供しています。このシミュレーションでは、希望額の融資が受けられるのか、借り入れ審査に通過するのか、などの問題点を抜きにして、誰でも気軽にワンクリックで毎月の返済額を知ることができるのが特徴です。

返済シミュレーションを利用する際の入力項目には、希望の融資額、融資期間あるいは返済回数などを入力するだけで利用でき、そのままシミュレーション開始ボタンをクリックするだけで、毎月の返済額が数秒でわかります。月々の返済額とあわせて、返済総額、年利計算方法などもわかりやすく表示されるので、自分の希望する借り入れに無理がないかどうかが金融のプロでなくても一目瞭然です。実際のキャッシング利用申込みを開始するまでに行っておくことで、無理な申込み内容とならずに、スムーズな手続きができるので是非利用しておきたいサービスのひとつです。

キャッシングの利息計算をしたいときは

キャッシングの利息は、銀行や消費者金融などのローン会社によってそれぞれ違うので、いざ自分で計算するとなると、ややこしくて難しいと感じる方がほとんどです。
最近はホームページで簡単に、利息の計算が出来るローン会社も多いので、自分で計算するのが難しい方は、返済シミュレーションを使って、答えを出すようにしてください。
返済シミュレーションは、誰でも無料で利用できますし、それを利用したからといって、そのローン会社で借りる必要はないので、いつでも気軽に試すことが出来ます。
複数のローン会社を比較すると、キャッシングの上限金利を年利18.0%に設定している業者が多いことがわかりますが、中にはもっと低い金利で借入できるところもあります。
中には年利20%を超えるような業者もありますが、これは法定金利を超えていますから、間違ってもそんな悪徳業者は利用しないようにしてください。
少しでもお得にキャッシングを利用したいなら、低金利の業者を選ぶことが大切です。

即日のキャッシング申込はインターネットから

パソコンやスマートフォンの利用者が多くなり、通信環境が整ったことで、多くの金融機関でキャッシングの申込はインターネットで行えるようになりました。 コンピューターでの自動審査を取り入れている場合は、審査が迅速になっていて、事前に入力するだけで借入の診断ができる業者もあります。
専用のサイトから、個人情報やキャッシングの希望限度額をフォームに入力して、送信することで申込可能です。対応しているアプリやメールで、必要書類の画像ファイルを送信すれば審査に進めます。審査に通った後も、メールや専用のサイトから契約手続きができるようになります。
ローンカードがなくても、規定の時間まで契約手続きまでが終了して、所定の銀行口座を持っていれば、即日で顧客の専用メニューからキャッシングをしたり、電話でキャッシングの振り込み依頼ができたりします。所有している口座が該当しない場合は、契約手続きまでをインターネットで行い、その日にうちに金融機関の受付機からローンカードの発券をし、専用や提携のATMから即日キャッシングが可能になります。